新発売のPRIORI4でポケモンGOは完璧に動作するのだろうか

プラスワン・マーケティングのPriori4は一目でいかにもポケモンGOが快適にできるかを追及して作られたようなスマホに見えました。
何故ならセンサー類の項目をチェックしたところP9liteですら不搭載のジャイロセンサーが搭載されていたからです。
ジャイロセンサーはポケGOのAR機能を使う為に必須となるセンサーなので有ると無いとでは大違いだといわれている重要な機能なのでした。
ただP9liteとよく比較されていた同社のミドルレンジスマホ・サムライ零にもジャイロは搭載されていますが、にもかかわらずあまり良い評価を得ていないのでプレイしてみないことにはホントのところはわかりません。
もう一つ気になったのはカメラでした。アウトの解像度800はいかにも削られてるとしか思えず、残念なのですがそれって私の13年春モデルの4インチスマホAQUPOS205SHの1300よりかなり劣るので、それに耐えられ無い人には使えそうにない代物のようにも思えますが全体的に見ると一応期待できそうな雰囲気は感じられました。
最後に着せ替え用のカバーが6枚も付録みたいについてくるのはとても良サービスに思えました。性能とはほとんど無関係な末端のことではありますが、ムラっ気の多い私としてはそれだけで飽きずに長らく使えそうな気がしました。ミュゼ 2人で予約

新発売のPRIORI4でポケモンGOは完璧に動作するのだろうか

道場内の未知のエリアを散策していると……

「A・Iさん。俺も朝から農作業でクタクタなんだ。今から夕方まで仮眠をとるから、その間はN・Mさんから特に指示がなければ自由にしてていいよ」
 それは、まるでスタッフらしからぬN・Hの言動だった。
「分かりました」
 その後M・Tは外出し、私はN・Hと同じように仮眠を取ることにし、ゆっくりとした足取りで、どこか女ひとりで羽根休めできそうな空間はないかと道場内のあらゆる場所を隈なく探索した。
 二階には廊下を挟んでN・Mの書斎の向かい側にあとひとつ別の部屋があった。扉が開けっ放しになっていて中が丸見えの書斎は潔癖なN・Mらしく、きちんと整理されていた。
 もう一つの部屋は扉が閉まっていたが中は一体——。
「A・Iさーん!」
 まるで一階から駆けのぼってくるかのように響き渡るM・Mの野太い声が聞こえてくるなり、私は反射的に部屋のドアノブに掛けた手を放すと一目散に階段を駆け下りて一階に戻った。
(な、何事か……)

道場内の未知のエリアを散策していると……